2009年01月23日

「EPA」分析


「EPA」分析          「EPA」は、「DHA」と同様に青魚(いわし、まぐろ、かつお、さけ等)に多く含まれる。まぐろの目の周りは特に豊富に含まれる。  「EPA」分析   


動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、血栓症高脂血症、高血圧といった病気の予防・改善に役立つ。   


 DHAはEPA(イコサペンタエン酸)と同様、血液中の中性脂肪やコレステロール濃度の低下作用、血小板凝集能の抑制作用などが認められている。特に血液の凝集を抑制して虚血性心疾患を予防し、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールが血管に付着するのを防ぐ働きがEPAよりも強い。 健康食品素材としても広く使われており、(財)日本健康栄養食品協会による「ドコサヘキサエン酸(DHA)含有精製魚油加工食品規格基準」(1986年8月公示、96年6月一部改正)がある。
posted by MAX at 11:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。