2009年02月15日

「DHA」「EPA」


「DHA」「EPA」         「EPA」は、 血液を固まりにくくし、血栓症(脳梗塞、心筋梗塞等)を予防する。高血圧や高脂血症を防ぎ、血圧を下げる働きがある。抗うつ作用も一部で使用されている。  「DHA」「EPA」  


「EPA」は、アトピー性皮膚炎や気管支喘息、花粉症などアレルギー疾患に対する予防・治癒効果、あるいは慢性関節炎など炎症性の症状にも効果があることが報告されている。 


不飽和脂肪酸(DHAやEPA)      主に魚の脂に多く含まれているもので、DHAやEPAは、この不飽和脂肪酸の一種です。不飽和脂肪酸は、動物性の脂とは逆に血中コレステロール値を下げる働きがあり、常温では固まりにくく液体を保つ成分ですので、血液をサラサラにし動脈硬化を予防することや、中性脂肪を減少させる効果があります。   最近の多くの日本人はの食生活は、欧米化が進み肉中心の食事に変わってしまいましたために、「飽和脂肪酸」は過剰摂取気味になり、反対に「DHA」「EPA」などの「不飽和脂肪酸」は不足傾向になってしまいました。      
posted by MAX at 11:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

「DHA」「EPA」


「DHA」「EPA」         「EPA」は、 血液を固まりにくくし、血栓症(脳梗塞、心筋梗塞等)を予防する。高血圧や高脂血症を防ぎ、血圧を下げる働きがある。抗うつ作用も一部で使用されている。  「DHA」「EPA」  


動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、血栓症高脂血症、高血圧といった病気の予防・改善に役立つ。   


魚油に多く含まれ、日本人は魚類を食べることによって多く摂取していましたが、近年は欧米化の肉中心の食事に変わってしまったため減少している。 「DHA」は体内で生成することができない「必須脂肪酸」で、食品から摂取しなければならない栄養素です。   健康増進効果があるとされ、「EPA」と同様にサプリメントや食品添加物として利用されている。    
posted by MAX at 11:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。