2009年01月15日

「EPA」効能


「EPA」効能         「EPA」エイコサペンタエン酸は、「DHA」ドコサヘキサエン酸と同じ食品に多く含まれ、同じような働きをして、人間の体内において改善される共通点が多い。 「EPA」効能


「EPA」は、血小板を凝集させる物質の生成を抑えて血液をサラサラにする。   


「DHA」は胎児にとって重要な働きをします。   オーストラリアの医学誌によれば、魚油を摂取した妊婦から生まれてくる子供は、視覚と手の協調関係が優位に優れていたことを掲載しています。 また、胎児の健全な脳の発育のためにも、「DHA」の積極的な摂取が重要とされています。      ただし、妊婦さんは一部の魚介類の摂取を控える必要があるため、上手な「DHA」の摂り方を参考にして下さい。     
posted by MAX at 20:50 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

魚「EPA」含有量


魚「EPA」含有量          「EPA」エイコサペンタエン酸と「DHA」(ドコサヘキサエン酸)は、良く並んで紹介されることが多い栄養素ですが、「EPA」は「DHA」と比較して血液の凝固を押さえる働きが強く、逆に「DHA」は「EPA」よりも悪玉コレステロールを下げる働きが強いとされています。  魚「EPA」含有量   


「EPA」は非常に酸化しやすい性質ですので、鮮度には注意をしてください。   


主に動物性の脂や、バーターなどの乳製品に多く含まれています。「飽和脂肪酸」は常温では固体で存在することから、体内でも固まりやすく、しかも血液をドロドロにし、中性脂肪やコレステロール値を上昇させてしまう作用があります。この結果、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病を引き起こす原因と言われています。           現代の食生活においては過剰摂取傾向にあり、肥満やメタボリックシンドロームの原因ともなることから、摂取量を控えるよう注意が投げかけられています。
posted by MAX at 20:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。