2008年12月28日

「EPA」食材


「EPA」食材          「EPA」は酸化しやすい食品であり、調理や保存は注意が必要である。 血液をサラサラにする作用がある。 基本的には出血すると固まりにくくなると考えられているが、食品としての過剰摂取では、ほとんど問題ない。  「EPA」食材  


「EPA」には「DHA」と同様にがんの発生を少なくしたり抑制する効果があることも報告されています。


「DHA」は、これら「イヌイット」の人達が食べる魚類や大型海獣に多く含まれるそうですが、調査によると、「イヌイット」の人達の脳梗塞発生率が、その時のデンマークの人達のそれと比べて非常に低かったそうです。「イヌイット」の人たちが食べるそれらの食物には、食物連鎖により蓄えられたdhaや epaが多く含まれており、そのことが脳血栓防止に役立ったとみられています。「イヌイット」の人たちは、血中脂肪や血中コレステロールが、どの年齢層でも、デンマークの人たちと比較して低かったそうです。「イヌイット」の人たちは、そんなわけで、冠動派心疾患や循環器系の疾患にかかりづらい、というわけです。
posted by MAX at 16:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

「EPA」「DHA」


「EPA」「DHA」          「EPA」の食品としての過剰摂取による心配はほとんどないと言われるが、サプリメントなどによる副作用は報告されてないが、何事もほどほどにした方が良い。   「EPA」「DHA」


「EPA」は、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中、高血圧といった生活習慣病を防ぐだけでなく、アレルギー症状の予防と改善、慢性関節炎など炎症性の症状にも効果を発揮します。さらに、「EPA」は、うつ病や統合失調症に効果があるとの報きもあります。また、痴呆患者への投与でも改善がみられています。 


「DHA」 (ドコサヘキサエン酸)の機能や働きとして、「DHA」は、おもに魚の脂肪に含まれており、また植物油などのQ‐リノレン酸から体内で合成されます。特徴的な効果としては、悪玉のLDLコレステロールや中性脂肪を減少させ、血管壁への付着を抑制して血液をサラサラに保つことです。 また、DHAは、カプサイシンやカフェインと同じように、脂肪を燃やす酵素である「燃焼リパーゼ」の働きを高めて、脂肪燃焼を促進します。これらの作用によって、高血圧、動脈硬化、高脂血症、脳卒中、皮膚炎などを予防したり、改善する効果が得られます。
posted by MAX at 21:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。